2013年09月19日

メンテナンス

ひさしぶりにブログをやる気になったというのに、ちょっとメンテナンスしたらやる気がどこかへ行ってしまった。うーん。これが根性なしというものでしょうか。

ずーっとブログをやってる人でも続けて書いている人ってあんまりいない気がします。続いていたとしても週に何回とか月に何回とか。

まぁ、それはそれぞれのスタイルでやってますってことでしょうが、やっぱ人気あるとこは毎日タイプなんですよね。逆に言えば、その毎日続ける根性が惹き付ける魅力になっているとでも言うのでしょうか。

何事も継続はチカラなりといったところです。

夏も終わって、秋に入ったという実感も沸く今日このごろですが、秋が深まる前に人生のエンジンをかけなおして、もっと毎日必死に生きていきたいと思いながらも、家に帰ってご飯を食べた瞬間に睡魔に負けるんですよ。もうどうしようもない。

そういう生活を続けた結果、鬼のように太ったわけで、泣く泣くダイエットすることになるんですけどね。
ということで今日もリンク紹介なり。
ヨガインストラクターのマタニティ生活
マタニティーママのハッピーライフ
CADオペの設計転職活動日記
CADオペレーターの派遣求人の選び方ナビ
すのこベッド通販店長ブログ
すのこベッドの選び方ナビ
マンガアニメゲーム日記
わたしのヨガ生活
可愛い家具雑貨コーディネート
TVドラマ感想ブログ
メンズエステ エステ体験談のまとめブログ
宅建に独学合格する無料通信講座
成宮寛貴の応援FANブログ
通販.com
どちらもオススメでございますぞ。とムックのように言ってみる。
近いうちにまた更新をしてやるぜ!とまた空元気を出してみる。
ということでまた次回!
ラベル:日記
posted by andy at 15:52| 平均年収 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

最近ではこんなこと

最近ではこんなことばっかりの更新になってしまって申し訳ないんですけど、またまたリンクの追加でございます。
どちらも面白いサイトなのでじっくりたっぷり見るといいですよ。
ヨガシャンティ
嫁と行った京都旅行記
posted by andy at 14:35| 平均年収 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

景気はよくならないのか

働けど働けど年収は上がらず。どうなってんだこの景気。
マジでなんとかしなくてはいけないね。
誰かが助けてくれる前に自分でなんとかしなくては。
半身浴で疲労回復&ダイエット
posted by andy at 14:14| 平均年収 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

さらりーまん

posted by andy at 11:39| 平均年収 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

リンクの変更

リンク集にmicakoさんを追加しました。
これからもよろしくお願い致します。
posted by andy at 23:05 | TrackBack(1) | 平均年収 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

企業別平均年収

先日はDODAの年齢別平均年収について見てみましたがどうだったでしょうか。

ここを読んでいる人がみんなサラリーマンではないのでしょうが、現状のサラリーマン平均年収は大体あんな感じのようですね。

平均年収も職種によって全然変わってしまうということがよく分かりましたが、それは一体どうしてなのでしょうか。

単純にハードワークであるから給料が高いというわけではない。かと言って職種が変わることで年齢が下であったとしても給料が上の場合もある。
これらに起因することを考えてみると、それらの理由としては社会的貢献価値が高いことや今の時代にあっている勢いのある職種である、つまり景気がよい業界であることなどが考えられますね。

社会的貢献価値が高いというのは、教える側であったり、マネジメントをする側の場合が多いですが、これらは現場で指導したり、またはその現場の進行を仕切ったりすることがあると思いますので、年齢が低い=会社に入りたて、みたいな入社3年も経っていないような人たちがけっこうな給料を貰っていたりすることにはちょっと納得できません。

一方景気の良い業界というのは、仕事の単価が高かったり、回していく仕事の量が半端じゃなかったりすることが多いと思いますので、社会的貢献価値が高くて高給取りの場合よりもずっと納得できます。
フラフラになるまで働いているんだろうなーって思うこともありますからね。

まぁ原因なんてこんなもんじゃないのでしょうが、これが原因となっていることもあると思います。

平均収入を知ることで今の自分の収入と比べてみたりすると思うのですが、自分にとっての適正年収というのはまた別なわけですから、自分に見出す価値を知っておいたほうがいいでしょう。
posted by andy at 13:32| 平均年収 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

年齢別平均年収ランキング

今度こそ年齢別平均年収ランキングの話です。

貧乏サラリーマンの苦しい年収の話なんて聞いていても仕方ないですからね。
……誰が年齢別の平均に劣る年収のサラリーマンか!(自分です)


さて、『DODA平均年収ランキング』ではトップに25歳、30歳、35歳のランキングがトップ5までズラリと並んでおります。

この3つの年齢別ですが、1位と2位は全く同じなのです。
どれも1位が『投資銀行業務』、2位が『コンサルタント』だそうですよ。

もうちょっと詳しく見てみますと、

25歳では
1位・投資銀行業務・525万
2位・コンサルタント・500万
3位・プロジェクトマネジャー・484万
4位・ITコンサルタント・481万
5位・MR・478万


30歳では
1位・投資銀行業務・806万
2位・コンサルタント・695万
3位・ファンドマネジャー・660万
4位・都市銀行営業・598万
5位・ITコンサルタント・564万


35歳では
1位・投資銀行業務・1163万
2位・コンサルタント・1004万
3位・ファンドマネジャー・891万
4位・経営企画/事業企画・751万
5位・都市銀行営業・736万


このようになっているようです。


投資銀行業務の知り合いはいないからよくわからないのですが、コンサルタントは儲かるみたいですね。その分、仕事はハードっぽいですけど。

いや、ウソ。絶対わたしの方がハードですけどね。

世の中そういうもんなのかも知れませんが、下っ端になればなるほど、身体的にはハードな仕事を要求されるもんです。
まぁその分、上の人たちってのは責任を負わされるのでしょうが。

なんにしても、同じような業務の名前がどの年齢別にも出てくるあたり、今はこの職種が一番熱い業界なのでしょう。

もっとも『ここ5年はコンサルタントが儲かる時代だった。これからは○○が儲かる時代』なんて話も聞きますからね。
数年先がどうなっているかはわかりません(聞いた話ですしね)

先が読めるのならば、わたしがいの一番に動くってもんですし。

…あぁ。

時が見えるとか言ってみたい(笑)
posted by andy at 18:19| 平均年収 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

適正年収を調べてみる

さて、さっそく年齢別に平均年収を比べてみたいと思いますが、参考に『DODA平均年収ランキング』ってのを調べてみました。

そこには年齢別平均年収ランキングなんてのが載っているわけですけれども、その前に。

年齢別平均年収ランキング表の上にですね。
自分の適性年収を調べるってリンクがありますが、そこで自分自身を調べてみるのはいかがでしょうか。

会員登録をすることで適正年収を調べることができるこのサービス。

わたしはもちろんやりましたが、結果は惨敗でしてね(遠い目で)(それ以前に惨敗という表現はどうだろう)(でも惨敗としか言いようがない)

もしやったことのない人は是非やってみるといいですよ。
そして世界の広さを知るがいいですよ。
自分がいかにちっぽけか分かるってもんです。

…なんですと?…平均より上だった?


このブルジョアが!

わたしが毎日松屋で夕食を食べている間に、ホテルの最上階のレストランでディナーですか。
並盛りか大盛りかを値段によって悩んでいるところで、コース料理にワインでも飲んでいますか。

……うう、いいなぁ。

まぁ30歳前後のサラリーマンの年収でブルジョアと呼べる金額は一体いくらからなのかを問い詰めてみたいところですが(自分自身に)

そもそも食事ってのは一番豊かさと貧困を感じる場面ですからね。

わたしにとってブルジョアって言ったら『デニーズクラスのファミレスに毎日行けて、なおかつ値段の心配なく思い切り注文できる』ってのが必須のステータス。

……なんかもう、自分が、惨めで、ね。(平均年収の話はどうした)
posted by andy at 17:57| 平均年収 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平均年収とは何ですか?

平均年収をご存知ですか?
いや、サラリーマンの年齢別、職種別の平均年収って知ってますか?
さらには、自分のサラリーマンとしての適性な年収を知っていますか?

平均年収、適正年収を知らないサラリーマンってけっこう多いのではないでしょうか。

わたしは恥ずかしながら自分の平均年収が適性年収だとばかり思って生活してきたのですが、会社の先輩に『お前ちゃんと年収について調べた方がいいよ』と言われて調べてみましたところ、衝撃の事実が!


…わたし。平均年収にかなり劣ってる。


もうね。電気ショックでも受けたかのような衝撃でしたよ!
知らぬが仏と言いますが(意味が違う?)、平均年収なんか知らなかったあの頃は毎日が日々平穏だったというのに、知ってしまったあの日からというもの、はっきり言って給料のことしか考えてませんけど!

ちなみに適正年収を調べてみたところ、どうにも2ヶ月分くらいの給料が足りてないんですけど、そこら辺のところって一体どうなっているのでしょうか。……ねぇ、社長さん。

毎日、馬車馬のように働いてボロボロだというのにこの仕打ち。
ホント社会ってのは怖いですよね。
現代における弱者というのは何も知らない人のことを言うのではないでしょうか。

平均年収にしたって知らなければ、手の打ちようがありませんからね。
資料揃えて、社長のとこに持っていって、『ちょっと!わたしの年収が世間一般と比べて全然足りてないんですけど!』って文句をつけようという発想すらないですからね。
…それで給料上がるのかは知りませんけど。

何にしても給料は待遇面で一番気にしなくてはいけないところですから、いいように使われているだけでは仕方ない。
場合によっては転職だって視野に入れて日々を活動しなくてはいけませんしね。

そんなわけで、これから自分の年収が適性であるか、平均年収がどのくらいであるか、なんかを一緒に勉強してみましょう!
posted by andy at 17:25| 平均年収 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。